マクロビ食生活でやせるぞ!日記

マクロビ食を生活に摂り入れることで健康的な身体になるための実践日記です。メタボリックシンドローム、中性脂肪、ソイジョイダイエット、レシピについてご紹介したいと思います。
【2個セット】 厚手 おやすみ骨盤サポートパンツ【おやすみ骨盤サポートパンツ等で話題沸騰!「プロ推奨商品」に特化した通販モール「プロレコ」】【2個セット】 厚手 おやすみ骨盤サポー...
10,500円
あの大人気「骨盤サポートパンツ」に待望の「厚手バージョン」新登場! 激安2個セッ...

Ads by 電脳卸
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
べにふうきなどのお茶
花粉症などのアレルギーに効果があるといわれているお茶をご紹介します。
花粉症対策をする場合には症状が重くなる前に早めに対処しておくのが良いと思います。

お茶といっても緑茶やウーロン茶、ジャスミン茶など色々な種類のお茶があります。
基本的にはどのお茶にもカテキンやフラボノイドと言った抗アレルギー作用がある成分が含まれており何を飲んでも良いのですが、出来ればより効果的なお茶を飲みたいところです。

そこでお勧めなのが「べにふうき」や「甜茶」と言った抗アレルギー効果が高いお茶です。

べにふうき



| 花粉症対策 | 06:52 | - | - | pookmark |
東京都の花粉症対策
1960年代に日本で初めてスギ花粉症の患者が報告されて以来、スギ花粉症の患者数は年々増え続けています。私もその一人です。
そして現在スギ花粉や他の花粉症の患者を合わせると数千万人の数にのぼると言われています。
花粉症には様々な原因が考えられていますが、国や自治体レベルで取り組まなければいけない対策が多くあります。
東京都では総合的な花粉症対策を推進するために2005年に花粉症対策本部を設置しました。
花粉症対策本部では「花粉の少ない森づくり」を目指して様々な取り組みを行っています。
その一つに花粉の発生源対策があります。
都内の森林地域では花粉を多く発生するスギ林が増加しています。
花粉症の原因となるスギ花粉を減らすためにはスギの本数を減らす必要があります。
発生源対策は都内の森林地域のスギ等を伐採し、花粉の少ないスギや広葉樹を植樹していく取り組みです。
そして10年後にはこの森林から発生するスギ花粉の量を2割削減することを目標としています。
また東京都と近隣の自治体では近年、ディーゼル車の運行規制を強化しています。
ディーゼル排気物質をはじめとする大気汚染物質は、花粉と一緒に鼻粘膜に付着することでアレルギー反応がおきやすくなると言われています。
また妊婦がディーゼル排気ガスを吸い込むと、そのこどもがスギ花粉症になる可能性が高いとの調査結果もあります。
ディーゼル車運行規制は大気汚染問題には重要な対策なのです。
今や国民病とも言われる花粉症ですが、国や自治体で行われるさまざまな対策によって今後どの程度の効果が得られるかが注目されています。
新銀行東京に多額の税金を投入するのではなく、こういった環境対策に血税を使っていただきたいものです。
●話題のダイエットならここ!⇒人気blogランキング


.
| 花粉症対策 | 06:58 | comments(1) | trackbacks(1) | pookmark |
今日は花粉が多いようです
今日は予想気温が18度と暖かくなるそうですので、花粉の飛散量が多いそうですのでご注意ください。
今年の花粉症は、目に来ますね。気のせい?
目がかゆくて大変です。くしゃみ、鼻水は例年に比べれば症状が軽いようですが、これからですかね。
花粉症の人は花粉の飛散時期にはできれば外出したくないものですが、現実にそうは言っていられません。
花粉症の時期の外出にはしっかりと対策をする必要があります。
花粉症の症状であるくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみは、目と鼻をしっかりガードすることでほとんど抑えることができます。
それには眼鏡とマスクが必須アイテムです。
眼鏡は目の粘膜に花粉が付着するのを防ぐことができます。
近年、花粉症対策 メガネも発売されるようになりました。
普段メガネをかけない人やコンタクトレンズを使用している人も花粉症の季節には眼鏡を着用することが望まれます。
コンタクトレンズの使用は目のかゆみや炎症を悪化させる恐れがあるからです。
また、肌の露出をさけることは花粉症対策の基本です。
髪の毛に花粉を付着させないためには帽子が効果的です。
髪の毛は花粉がつきやすい部分の一つで、髪の毛についた花粉は眼や鼻に落ちてきます。
ツルツルした素材のコートをはおることで、花粉が衣類につくのを防ぎます。
毛織物やセーターなどの繊維は花粉がつきやすいため避けた方が無難です。
さらに花粉 スプレーをしておくとより効果があります。
マスクや眼鏡をしていても肌の露出がさけられない顔は、帰宅したらすぐに洗顔をして花粉を落とすことが大切です。
以上のように、花粉症対策として完全防備することは難しい面もありますが、できる範囲から実行していくことで少しずつ効果が得られるでしょう。

話題のダイエットならここ!⇒人気blogランキング

| 花粉症対策 | 07:04 | comments(0) | trackbacks(7) | pookmark |
花粉症に要注意時期が来た
陽気のせいか今週あたりから、花粉症の症状が出始めました。
日本という国は国土が南北に長いので、北は北海道から南は沖縄まで全く同じ気候ということではありません。
そのため花粉症の要注意時期にもずれがありますし、これだけ気候が違うと生えている植物も異なるので注意するアレルゲンも地域によって異なります。例えば、これだけ全国的に問題になっているスギ花粉ですが北海道と沖縄にはほとんど生えていませんのでスギによる花粉症はありません。
北海道にはほとんどスギが生えていないとは言うものの、地域によっては本州に近いことから花粉の飛来が考えられます。ところで北海道にはスギがあまり無いと言っても、その代わりに大量の花粉を飛ばすシラカバがあります。シラカバの花粉飛来は4月頃からですので、北海道の方はむしろこちらのほうが心配の対象になります。
花粉の飛来時期については大きな分類があります。スギやヒノキなどの木々からの花粉が飛来するのはおおむね年明けから春まで。
それに対してブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどから飛来する花粉は8月から秋の終わり頃までです。地域によってはスギやヒノキ並みに要注意となるのでそれぞれの地域にどんな植物がたくさん生えているのかをよく知っておく必要があると思います。
なぜ花粉症になるのか?
現代人は昔の人とずいぶんと違うものを食べています。栄養素を見ても高カロリーでたんぱく質や脂肪分を多く摂るようになりました。高たんぱくだとアレルギー体質になりやすいという研究成果があるので、まず栄養素の面から花粉症の確率が高められているのが分かります。
次に食品添加物。これも体に良いはずがなく、アレルギー体質になりやすかったりホルモンバランスを崩して抗体が過剰に作られたりすることがあるそうです。
以上のような理由で、人間はいつしかこれまでなら問題にならなかった花粉に対する抵抗力を失いつつあるようです。
昨日はこれを買いました⇒ めがねのくもり止め

話題のダイエットならここ!⇒人気blogランキング

| 花粉症対策 | 07:03 | comments(0) | trackbacks(10) | pookmark |
花粉症対策
今日は暖かかったですね。春がやってきた!という感じですが、いいことばかりではありません。あの花粉症がやってきます。
スギやヒノキの森林は人間が人工的に作り出したとは言っても、元から自然にあった植物であることに変わりはありません。しかも花粉症の原因となる物質は約60種類もあるというのですから、森林はアレルゲンだらけのはずです。ですが昔の人々が花粉症に悩まされていたという話はあまり聞きません。厳密に歴史をひもとくとそんな事例もあるそうですが、現在のように日本人の10人に1人が花粉症という高率で発症していたということはありません。
これには現代の人間が置かれている環境に関連があります。例えば食生活。現代人は昔の人とずいぶんと違うものを食べています。栄養素を見ても高カロリーでたんぱく質や脂肪分を多く摂るようになりました。高たんぱくだとアレルギー体質になりやすいという研究成果があるので、まず栄養素の面から花粉症の確率が高められているのが分かります。

次に住環境。鉄筋建築で気密性の高い住環境で生活しているとほこりや花粉などへの耐性が落ちてしまい、ちょっとしたアレルゲンにも反応しやすくなってしまうと言われています。つまり、人間の対応能力がなまってしまっているということです。

そして食品添加物。これも体に良いはずがなく、アレルギー体質になりやすかったりホルモンバランスを崩して抗体が過剰に作られたりすることがあるそうです。
以上のような理由で、人間はいつしかこれまでなら問題にならなかった花粉に対する抵抗力を失いつつあるようです。



話題のダイエットならここ!⇒人気blogランキング


..
| 花粉症対策 | 16:53 | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark |
花粉症と食事の関係
まだまだだと思っていたけど、天気予報で花粉症情報が取り上げられてきたので、そろそろ花粉症対策を考えないといけない時期になってきたようです。
やっかいな花粉症ですが、その原因を考えてみましょう。

花粉症の原因の一つに食生活があるのではないでしょうか。
日本では昔ながらの魚と野菜中心の食生活に代わって、肉や魚を中心とした高たんぱく、高脂質の欧米型の食生活が急激に普及しました。
この欧米型の食生活が栄養の取りすぎや食品添加物の増加、野菜不足など、アレルギー症状を引き起こすさまざまな問題を抱えていると思われます。

油の問題も大きいのではないでしょうか。
日本人はもともと油をあまりとらない人種ですが、食生活の欧米化にともない料理で使われる機会が大幅に増えました。
油は私たちが生きていくのに欠かせない栄養素を持っていますが、油の取りすぎは血液をどろどろにしたり、炎症を強めたり身体に悪影響を及ぼしたりします。
そのため花粉症の人は油を使用する場合にはオリーブオイルを使い、揚げ物、ドレッシング、マヨネーズ類を取り過ぎないように気をつけることが大切です。
普通は、必要な油は通常の食事で不足することはないそうです。

また砂糖、チョコレートなど口にする機会が増えたことも問題の一つです。
砂糖は免疫力を低下させ、花粉症をはじめとする、多くの病気の原因になっています。
特に白く精製された砂糖は注意です。
花粉症の人は、甘いものが食べたい時には、果物、ドライフルーツ、また砂糖の変わりにハチミツ、黒砂糖を使うなどして白砂糖を控えるよう心がけましょう。
日本はかつてご飯と魚、野菜、味噌やしょうゆなどの発酵食品、いわゆるマクロビオティック的な食事でした。
この伝統的な組み合わせであるマクロビオティックこそが栄養のバランスに優れ、日本人の体質に合った食事なのです。

JUGEMテーマ:健康


話題のダイエットならここ!⇒人気blogランキング

..
| 花粉症対策 | 07:01 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
花粉症のシーズン到来です
2月が始まりました。そろそろ春の陽気が少しずつやってくるようになります。

春が来ると同時に花粉もやってくるのが痛し痒しですね。

「花粉症」関係のある人にとっては毎年憂鬱なシーズンが毎年やってきます。

毎年シーズンになるとテレビや新聞で花粉の飛来情報が流され、さながら天気予報のようです。

花粉や黄砂など、最近は雨や雪以外に色んなもの降るようになったものだと思わされます。

ところでこの花粉症とはそもそも何なのでしょうか?

正式にはアレルギー性鼻炎の一種です。

それはアレルギー性鼻炎の全てが花粉症というわけではないからです。

アレルギー性鼻炎はアレルゲンと呼ばれる原因物質によって分類されていて、ハウスダストや昆虫、ペットの糞などがアレルゲンとなっている通年性アレルギー性鼻炎は同じアレルギー性鼻炎であっても花粉症とは異なるものです。

美肌・スキンケア対策百科

JUGEMテーマ:健康


話題のダイエットならここ!⇒人気blogランキング

.
| 花粉症対策 | 16:52 | comments(0) | trackbacks(15) | pookmark |
震災特集
CATEGORIES
LINKS
RSSリーダーで読む
My Yahoo!に追加
ダイエット体験人気ブログはこちら
SELECTED ENTRIES
モバイル
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS
注目のダイエット方法