マクロビ食生活でやせるぞ!日記

マクロビ食を生活に摂り入れることで健康的な身体になるための実践日記です。メタボリックシンドローム、中性脂肪、ソイジョイダイエット、レシピについてご紹介したいと思います。
【2個セット】 厚手 おやすみ骨盤サポートパンツ【おやすみ骨盤サポートパンツ等で話題沸騰!「プロ推奨商品」に特化した通販モール「プロレコ」】【2個セット】 厚手 おやすみ骨盤サポー...
10,500円
あの大人気「骨盤サポートパンツ」に待望の「厚手バージョン」新登場! 激安2個セッ...

Ads by 電脳卸
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
おすすめウォーキンググッズ
持って歩くとさらに楽しめるウォーキンググッズがいくつかあります。
私が使っているのはこちら⇒ロディア11
ロディア カバーをつけて使っています。
・カメラ
遠出のウォーキングのときには持参して、出会ったものを写真におさめて思い出と一緒に持ち帰りましょう。
・筆記具
地図などに目印をつけたり、行った先での出来事などを記録しておくのに使えます。
メモ帳も併せて持っておくとよいでしょう。
・手袋
夏の日焼け防止、冬は防寒対策として、また山を歩くときは転倒時のけがを防ぐために、用意しておくといいですね。
・ポケット図鑑
車と違って、歩きの場合は普段気付かない小さな虫や花、鳥や動物との出会いもあります。
このほか、反射材つきのたすきや懐中電灯なども安全グッズとして役に立ちます。



話題のウォーキンググッズならここ!⇒人気blogランキング
| ウォーキングダイエット | 06:55 | - | - | pookmark |
ウォーキングダイエットの最終段階
ウォーキングダイエットの基本は、太りにくいからだを作ることです。
脂肪は落として筋肉は落とさない、これがウォーキングダイエット成功の秘訣と言えます。
筋肉をつけると、その分、基礎代謝量がアップします。
基礎代謝量が上がると、何もしていなくても消費するエネルギーもアップするため、ダイエットを終了して食事をもとに戻してからも、リバウンドしにくくなります。
そんな太りにくいからだを手に入れるため、ウォーキングダイエットなどの有酸素運動でからだの脂肪を落とすことにプラスして、筋肉をつけるための運動を組み合わせることが必要です。
ウォーキングは、継続しないと効果はでません。
またエクササイズをわざわざ行なう以外にも、日常の運動量を上げるために、例えば電車やバスは基本的に立っている、2階までなら階段を使う、など自分の中でルールを作るのもよいでしょう。
ダイエットを成功させるには、食事、有酸素運動、筋肉運動、そしてなにより継続させる気持ちが大切です。
美しく健康的になった自分の姿をイメージして、今日も張り切って動きましょう。


話題のダイエットならここ!⇒人気blogランキング
ウォーキングダイエットをまとめて読むならこちら
| ウォーキングダイエット | 06:49 | - | - | pookmark |
ウォーキングダイエットとスポーツドリンク
ウォーキングダイエットをしている最中は、結構喉が渇きます。この季節は特に汗をかくので喉が渇きます。
お茶や水でものどの渇きを潤すにはよいのですが、からだから汗とともに失われた塩分、ミネラルなどを素早く補給するためには、スポーツドリンクがよいでしょう。
スポーツドリンクは、効率よくからだに水分を補給し、発汗によって崩れたイオンバランスを正常に保つ効果があります。
例えば、こちら⇒アミノバイタル ランニング
しかし、多くのスポーツドリンクは重労働や激しいスポーツ時の発汗を想定して作られているため、そんなに汗をかいていないときに飲むには糖分濃度が高過ぎることがあります。
ウォーキンググッズとしての専用飲料があればよいのですが。
ウォーキング程度の発汗量であれば、市販のスポーツドリンクを水で薄めて飲むと良いそうです。
また、スポーツドリンクを手作りするという方法もあります。
水に対し、0.2%の塩分と5%の糖分を混ぜるというもの。
飲みやすさを考慮して糖分を減らしたり、レモン果汁やクエン酸をプラスして疲労回復効果をねらったり、重曹を混ぜたり、といろいろ工夫を凝らしたレシピがあります。
この場合、保存料が入っていませんので、作ったら冷蔵庫で保存し、翌日までには飲むようにします。
JUGEMテーマ:健康


話題のダイエットならここ!⇒人気blogランキング
| ウォーキングダイエット | 06:54 | - | - | pookmark |
ウォーキングダイエットと食事
ウォーキングに代表されるような運動を行なえば、からだの脂肪がエネルギーとして消費され、筋肉はそのまま残ります。
運動と言っても、趣味で行なう人も多いテニスやゴルフでは、残念ながら脂肪はあまり燃えません。
からだの中で脂肪を燃やすには、運動をしながら体内に酸素を取り込む必要があります。
激しい運動では、呼吸が追いつかず、酸素を取り込むことが難しくなってしまいます。
その点、ウォーキングやサイクリングなどは、ゆったり続けられる上、体調を見ながら自分で調整できるため息が上がってしまうこともなく、酸素を十分にからだに取り入れながら運動を続けることができます。
このような有酸素運動は、脂肪燃焼に効果的であるだけでなく、長期間続けることによってホルモンバランスを整えたり、生活習慣病を予防する効果もみられます。
筋肉は、基礎代謝を上げてリバウンドしにくいからだを作るために不可欠な存在です。
食事を減らして脂肪とともに筋肉も落としてダイエットをすると、多くの場合、食事制限をやめたとたんにリバウンドを繰り返します。
リバウンドしないダイエットとは、筋肉量をキープしながら脂肪だけを減らすという方法がベストです。
そめには、バランスのとれた食事と、適度な運動が欠かせないのです。
食事制限だけの負担のあるダイエットをせず、運動も行なって、リバウンドのない健康で美しいからだを手に入れてください。
低GI食品ソイジョイ ダイエットはこちら
JUGEMテーマ:ダイエット法

話題のダイエットならここ!⇒人気blogランキング

| ウォーキングダイエット | 06:50 | - | - | pookmark |
ウォーキングにあう腕時計
スポーツシーンでも腕時計は便利なグッズとなっています。
ウォーキングは健康によいと言われますが、無理をして間違った歩き方をしてしまうと、逆にからだを壊してしまいかねません。
「無理せず、自分のペースで」といっても、その自分のペースというのがわかりにくいこともあるでしょう。
そこで、毎日のウォーキングを行なう距離や時間の目安として腕時計があると便利なのです。
ウォーキンググッズとして発売されているものには、時計機能に加えて歩数計が付いたもの、歩行距離や消費カロリーが測定できるもの、さらに心拍数を測定できるものもあります。例えば、こちら腕時計 歩数計
心拍数は、腕の脈から微弱電流を感知して測定したり、センサーに指をあてて測定します。
あらかじめ自分の年齢を入力すると、目標心拍数を自動的に設定し、運動中に目標心拍数から外れるとアラームで知らせてくれるものもあります。
ウォーキング時の体調をリアルタイムに把握し、無理をしていればアラームで警告してくれるトレーナーのような存在です。
無理のない自分のペースというのを値で示されると、安心してウォーキングを続けられますね。
ウォーキンググッズとして発売されている腕時計は、汗や雨、水につける程度の水濡れには十分対応した防水仕様となっています。
ただし泳ぐときにも使いたい場合は、水泳用の高い気圧防水のものを使ってください。

JUGEMテーマ:健康

話題のダイエットならここ!⇒人気blogランキング

| ウォーキングダイエット | 19:59 | - | - | pookmark |
ウォーキングダイエットとお茶をセットで楽しむ
ウォーキングダイエットの際に必ず必要になってくるのが、水分補給です。
歩き始める前にも、歩いている途中でも、こまめに水分を摂ることが大切です。
水分補給は、運動をしているときに限らず、日頃からこまめにしておきたいことのひとつです。
ミネラルウォーターが一番良いのですが、お茶を飲むのも良いようです。
最近ではお茶や水もいろいろな種類のものが発売され、水分補給以外の目的のために成分を選んで購入する人も増えているようです。
そんな中、中国茶のダイエット効果について聞いたことはありませんか。
中国の女性には太った人が少ないというイメージから、ダイエット茶としてブームになったこともありました。
ここでいくつかの中国茶とその期待される効果についてお話したいと思います。
杜仲茶:利尿作用があるため、むくみの解消に効果がみられます。
・ウーロン茶:脂肪の燃焼を促進させるホルモンの分泌を促します。
プーアール茶:体内で脂肪が吸収されるのを阻害する働きがあるとされています。
グァバ茶:糖の吸収を抑える効果があり、血糖値が高めの人にもよく飲まれています。
桑の葉茶:糖の吸収を防いだり、整腸作用もあります。
ギムネマ茶:糖の吸収をおだやかにしますが、個人差が大きいこともあります。

ただし、やせる効果をうたっているお茶は、利尿作用や下剤作用のある成分が入っていることもあり、一時的に体重を落とすだけで本当のダイエットにはならないこともあります。
JUGEMテーマ:ダイエット法

話題のウォーキングならここ!⇒人気blogランキング

| ウォーキングダイエット | 06:52 | - | - | pookmark |
ウォーキングとサングラス
サングラスは屋外のスポーツシーンでもよく見られますが、ウォーキンググッズとしても大切な役割を果たしています。
特に夏場などのウォーキング時には、太陽の日差しだけでなく地面や建物に反射した光からも目を守る必要があります。
長い時間、屋外で過ごしていると、日差し、照り返しの光、また排気ガスやほこりなどの刺激で目が疲れて充血し、痛くなってしまいます。
そのため、ウォーキンググッズとしてサングラスを選ぶなら、上からの太陽光だけでなく、横や下からの照り返しの光や紫外線も防ぐことができるデザインのものがよいです。
レンズができるだけ大きく、フレームは顔の側面にフィットするようにカーブしているものがよいですね。例えば⇒ナイキ サングラス
またスポーツ用なら、からだを動かしてもサングラスがずれにくいように設計されています。
視力の弱い人には、レンズに度を入れられるものもありますし、自分のめがねの上からかけられるサングラスもあります。
ウォーキング専用に購入するのなら、ファッション性より機能性を重視し、目をしっかり覆って紫外線やほこりの刺激から目を守りつつ、安全にウォーキングを楽しんでください。
ナイキ サングラス

JUGEMテーマ:健康


話題のダイエットならここ!⇒人気blogランキング
| ウォーキングダイエット | 06:47 | - | - | pookmark |
スローピング運動とは
スローピング運動というのをご存知でしょうか。
公園の坂道や階段などで後ろ向きに歩いている人を見かけて、不思議に感じた人もいるのではないでしょうか。
おそらく、その後ろ向きに歩いていた人というのは、スローピング運動をウォーキングに取り入れて実践していたのだと思われます。
スローピング運動とは、地面の傾斜や階段を利用して行なう運動で、まず普通に前向きで階段を上り、そのまま後ろ向きで下ります。
次に後ろ向きで上り、前向きで下ります。
これを繰り返すのです。
とくに後ろ向きの歩行では、普段あまり使わないももの裏側の筋肉を鍛えることができます。
ダイエット効果だけでなく、加齢による筋力低下、代謝の低下を補うのにも適した運動と言えます。
また、場所と時間をそれほど要しないため、楽な気持ちで試してみることができるのではないでしょうか。
普段からウォーキングに取り組んでいる人は、コースの途中に坂道や階段があれば、スローピングを取り入れてみるのもよいですね。

◆話題の⇒ソイジョイ ダイエット

まだある話題のダイエット!⇒人気blogランキング
| ウォーキングダイエット | 06:53 | - | - | pookmark |
ウォーキングダイエットに必要なバッグ
ウォーキングといってもその歩き方はさまざまです。
持ち運ぶウォーキンググッズの量によってバッグのタイプや大きさも異なってきますので、いくつかウォーキングバッグの種類を揃えておくと便利かもしれません。
毎朝、毎夕のウォーキングを日課にしている人などは、ウォーキング中に着替えることもまずないでしょうしタオルなどは首に巻いて歩けますのでバッグは必要ないかもしれません。
しかし途中で休憩をはさむような1時間以上のウォーキングをする場合は、飲料を持ち運ぶためのウエストポーチかボトルホルダー程度の小さいバッグが必要になるでしょう。
ウォーキンググッズとして発売されているウエストポーチは、動きを妨げないために腰にしっかりフィットするよう設計され、メッシュで骨盤を支えて歩く姿勢まで整えてくれるものもあります。
背中に背負うタイプのザック(リュックやデイパック)は、容量も多く、機能性に優れています。
両肩のベルトに加えてウエストベルトでも固定するものが多く、からだにフィットし、歩きやすいように作られています。
JUGEMテーマ:健康

話題のダイエットならここ!⇒人気blogランキング

| ウォーキングダイエット | 06:53 | - | - | pookmark |
アミノ酸とウォーキングダイエット
アミノ酸とウォーキングダイエットの関係はあるのか?
以外に関係深いようです。
アミノ酸を飲めばそれだけでやせられるのか?
もちろん「No」で、アミノ酸摂取と運動を組み合わせて初めて効果が出ます。
次に、アミノ酸には脂肪を燃やす働きがあるのか?
これも今のところはっきりとわかっていませんので「No」です。
それでは、アミノ酸にはどのような効果が期待できるのでしょうか。
アミノ酸の種類にもよりますが、スポーツ時によく使用されるサプリメントに含まれているのは「ロイシン」「イソロイシン」「バリン」が多く、これらは筋肉を作る原料となります。
ダイエットのためにウォーキングなどの運動を始める人が飲むのなら、これらのアミノ酸が含まれているサプリメントを選んでください。⇒アミノ酸 サプリメント
また、これらのアミノ酸は、筋肉痛を起こす原因である乳酸の発生を抑える働きがあるので、運動による疲れを残さず、ウォーキングなどを継続して行なうことができます。
そのため毎日のトレーニングが重要なスポーツ選手は、アミノ酸摂取が欠かせなくなってくるのです。
つまり、アミノ酸のダイエット効果というのは、運動による筋力アップの手助けをし、疲れを残さないことで継続でき、太りにくいからだを作ることにあるようです。
アミノ酸とスポーツについてはこちらもどうぞ


| ウォーキングダイエット | 06:53 | - | - | pookmark |
震災特集
CATEGORIES
LINKS
RSSリーダーで読む
My Yahoo!に追加
ダイエット体験人気ブログはこちら
SELECTED ENTRIES
モバイル
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS
注目のダイエット方法